離乳食完了期におすすめ、生活クラブの安心無添加ウインナー

【スポンサードリンク】

 




離乳食も、完了期に入ると食べられる食材が増えてきますよね。

21469901_s

野菜やお米は離乳食初期から食べさせることが多いけれど、問題はお肉。

お肉は消化に時間がかかるので、胃腸がまだ未発達な赤ちゃんには、負担が大きいもの。

そのため、お肉デビューは離乳食後期から、少しずつ・・・という赤ちゃんも多いのではないでしょうか。

 

でも、まだ歯がきちんと生えそろっていない乳幼児には、お肉は硬くて噛み切れないことが多いですよね。

そんなときに便利なのは、「ウインナー」という存在。

でも、このウインナー、赤ちゃんに食べさせたいけど、食べさせるのを躊躇してしまう存在でもあるのです。

 
 

ウインナーを赤ちゃんに食べさせたいけど、添加物が心配・・・

 

ウインナーは普通のお肉と違って噛み切りやすいし、子どもも大好き。

自分でつかんで食べることもしやすいので、手づかみたべにもちょうどいい。

そんな便利なウインナーですが、唯一気になるのが添加物の存在。

 

市販のウインナーには、亜硝酸塩やソルビン酸、リン酸塩、アミノ酸などの添加物が、必ずと言っていいほど入っています。

そんな添加物いっぱいのウインナーを子どもに食べさせるのは、やっぱり心配。

スーパーでも、添加物の入っていないウインナーは、よっぽど高級スーパーでない限り、めったに売られていないのが現状です。

そんな厳しいウインナー事情ですが、今回は離乳食後期に食べさせても大丈夫な、添加物の入っていないウインナーをご紹介します♪

 

 

添加物の入っていない、生活クラブのウインナー

 

IMG_4179[1]

●ポークインナーボリュームパック250g 457円(税抜)

 

このウインナーの特筆すべきところは、危険な添加物が一切入っていないところ。

【詳しい記事はこちら→アレルギーにも安心、生活クラブのポークウインナー*平田牧場*

 

なので、離乳食後期の子どもにも安心して食べさせることができます。

しかも、使っているお肉は全て、あのブランド豚で有名な「平田牧場」の豚さん。

そのため、安心なだけでなく、味もとってもおいしいんです♪

 

IMG_4234[1]

我が家の三歳の息子も、このウインナーが大のお気に入りで、だしてあげるとたくさん食べます。

でも、たくさん食べても添加物が使われていないから安心です。

 

このポークウインナーは、生活クラブの中でも代表的な消費材のひとつですが、それだけにやっぱり大人気みたい。

生活クラブに入ったのは、このウインナーがきっかけ、という人も多いそうです。

安心で、しかもおいしいウインナーなので、無添加のウインナーを探してるかたにはとってもおすすめです♪



➡ 詳しくはこちら→安心食材お届け生活クラブ



コメントを残す


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ
 

このページの先頭へ