生活クラブで買えちゃう♪海外認定オーガニックの無塩アーモンド*地球食*

【スポンサードリンク】

 



 


今回は、生活クラブで買うことのできる、海外認定オーガニックの無塩アーモンドをご紹介します♪

IMG_4049

●アーモンド(食塩不使用) 100g入り 420円(税込)*地球食*

アーモンドは、食品の中でもビタミンEがもっとも多く含まれています。ビタミンEには稿酸化作用があり、アンチエイジングにも良いんだとか。

また、血中の悪玉コレステロールを減らすオレイン酸も豊富に含まれています。

このように、アーモンドは身体に良い、ってよく聞きますよね。

というわけで、最近私もアーモンドを食べるようにしているんです。

 

でも、こういうローストアーモンドって、塩味がついたものが多いんです。

 

生活クラブでも、アーモンドは以前から取り扱っていたような気もしますが、確か塩味のローストアーモンドだったので(このへんうろ覚えですみません・・・)、買う気になれず、代わりに無印良品の無塩アーモンドを購入していたんです。

無印のは、お値段も手ごろで、手に入りやすいし、味もおいしかったので。

でも、つい最近、生活クラブにも無塩アーモンドが登場!!

さっそく購入してみました♪

 

IMG_4053

 

ふむふむ。

う~ん、お味はいい感じにおいしい♪

アーモンドって、無塩でも味あるわけ?って思われるかもしれませんが、アーモンド本来の味が感じられて、けっこうおいしいんですよ。

無塩アーモンド大好き♪

 

と思いながら食べていると、あることに気がつきました。

 

実は、いつもは無印の無塩アーモンドを食べているのですが、そちらももちろんおいしいんですが、たくさん食べ過ぎると結構胃にもたれていたんです。

 

でも、この生活クラブの無塩アーモンドは、胃にもたれない!!

 

もちろん、アーモンドなので、結構おなかにはたまりますが、嫌な感じの胃もたれがしない。

びっくりです!!

 

そうそう、もうひとつびっくりしたことがあります。

 

海外認定オーガニックの無塩アーモンドが手軽に購入できる!!

 

生活クラブのカタログであるLIVELYには、このアーモンドの説明は「無塩」としか書いてありませんでした。

生活クラブで取り扱っているアーモンドだから、こだわっているんだろうな~とは思ったものの、どこがどうこだわりがあるかよくわからなかったので、袋の裏を読んでみたんです。

よく読んでみると、

農薬や化学肥料に依存せず、自然の生命力を重視した土作りや栽培方法を行っています

と書いてあったのですが、この書き方だと、無農薬なのか減農薬なのか、イマイチよくわかんないな~と思って、さらにネットも調べて見たところ、日本の有機認定は受けていないけれど、海外オーガニックのアーモンドだということが判明!!

日本のオーガニック規定って厳しくて、日本でオーガニック認定を受けていないものは、「オーガニック」とか「有機」とか、紛らわしい表現をしちゃいけないんです。

だからこの無塩アーモンドは、有機だとかオーガニックだとか袋に書かれてなくて、なんかぼやかした書き方をしてあったのね~と納得!!

でも致し方ないとはいえ、これだとせっかくの良さが伝わらなくて、なんだか歯がゆいかんじ。

せっかくいいものなのに・・・

生活クラブって、こういうPR不足なものが本当に多いんですよね(笑)

良いものがいっぱいなだけに、もったいない!!

 

 

 

IMG_4051

 

原材料は

・アーモンド(アメリカ)

のみ!!

これは当然ですね(笑)

 

 

このアーモンドを販売している㈱プレス・オールタナティブ地球食

 

・世界の地域に根付いた食文化を紹介する

・土や地球の環境に配慮し、持続可能な農業で作られたものを応援する。

・日本の農業を守り、国内では生産されないか、国内産ではまかないきれない農産物を輸入する。

 

をポリシーとしている第三世界ショップです。要するにフェアトレードの会社ですね。

普通に輸入しているところよりも、やっぱりこういうポリシーを持っている会社のほうで買いたくなっちゃいますよね。

ちなみに、地球食で直接買うよりも、生活クラブで購入するほうがやっぱり安いです(笑)

 

 

無塩のアーモンドで、さらにオーガニックのものって普通のスーパーではまず買えないです。

こういうものが普通に買えちゃうのは、まさに生活クラブならでは。

今度はまとめ買いしようと思います♪



➡ 詳しくはこちら→安心食材お届け生活クラブ



コメントを残す


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ
 

このページの先頭へ