【健康食材用語】有機(オーガニック)と有機認定とは




よく「有機」という言葉がでてくるので、「有機」と「有機認定」についてまとめてみました。

 

 

有機(オーガニック)と有機認定

 

無農薬栽培は全て有機(オーガニック)と思われがちですが、
単純にオーガニック・無農薬栽培というだけでは
有機(オーガニック)認定を受けることはできません。
また、認定を受けていないものは勝手に商品名に「有機(オーガニック)」
と表示して販売することはできません。

・最低3年以上農薬を使っていない土地で栽培していること
・有機肥料であっても、科学薬品や編重金属が含まれない
ものを使用する


など、厳しい条件をクリアしたものにのみ、有機JAS認定がされ,
「有機JAS」マークと共に「有機」と表示して販売することが可能です。

ただ、広告等に「有機栽培」「無農薬」といった表記をすることは
特に制限されていないため、実際に有機JAS認定がされていなくても、
生産者や業者がHPやパンフレットなどで「有機栽培」として
販売されている場合があります


有機JAS認定は、消費者に対しては適正な有機農産物を提供する規格ですが、
厳密な規格をクリアするためには農場や設備の整備、認証手続きなどで
多額の費用がかかるため、生産者にとっては大きな負担となり
したがって認証を受けずに販売を続ける生産者も少なくないのが実情です。

■農林水産省 有機JAS 規格についてのHPはこちら
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html

 


コメントを残す


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ
 

このページの先頭へ